末松文写真こうば
トップへ戻る
as_014
一宮市、津島市、羽島市の一帯は尾州産地(びしゅうさんち)という毛織物産地です。
私は一宮市で生まれ、ガッチャンガッチャンと織機の音を聞いて育ちました。
しかし工場の中へ入ったことはなく、オトナになって初めて織機を見た時、一気に魅了され、カメラと共にいろいろな工場へ通うようになりました。
尾州産地はアパレル、テキスタイルの世界の人でその名を知らない人はいません。
海外有名ブランドから直に注文が入る大変高い質を誇る尾州産地ですが、地元の方々が知らないことも多いらしい。
是非そんな素晴らしい尾州を知ってほしい、と思い、日々、写真で伝えています。
2009年より、尾州産地(愛知県一宮市、津島市、岐阜県羽島市)の織物産業を取材し、写真撮影をしてきました。
その作品の個展の様子です。
地元のいちい信用金庫さまのご協力で、銀行の2階を貸して頂き、そこで20点余りの写真を展示しました。
たった1週間でしたが、メディアにも取り上げて頂き、多くの来場者に来て頂きました。
これからもこの活動を続けて行きたいと思います。